役立つ情報がわかりやすく手に入る

Vol.74 聞きづらい質問に答えて閲覧数UP

ゴビーズ通信
【海外ビジネス攻略法】

2016年4月号

春ですね。ゴビ太郎です。先月号では、「自社ホームページ(HP)の反応を高めるためには、見込み客に閲覧してもらえる仕組みを作らなければならない」ということをご紹介しました。今回はその実践編です。皆さんもほぼ毎日PCやスマホからインターネットを利用されていることでしょう。ネットから情報を得ようとする場合、おおよそ間違いなく以下のような手法が用いられます。

大手ニュースサイトの記事をざっと眺める
検索サイトでキーワード検索する
SNSで友人が「いいね!」している記事を見る
検索サイトや個人ブログの広告欄に表示されて いるリンクをクリック
名刺やDM、雑誌にあるQRコードやURLから、 HPにアクセスする

即効性を求めるのなら、広告を出すのが一番です。ネット上や雑誌に広告を掲載することが上記のに該当します。こうして多くの人たちに自社の存在を知ってもらい、自社HPにアクセスしてもらう可能性が高まります。そして自社HPの閲覧者を増やすためには上記のが効果的です。(今回、上記については無視します。なぜなら大手ニュースサイトに記事として取り上げられるようになるのは、自社HPが世界的にかなり有名になってからのことだからです。) は、検索サイトからの評価が高いコンテンツ(文章など)を増やすことにただひたすら注力します。検索エンジンの各HPの評価方法は非公開となっているのであくまで推測ですが、これまでの経験だと、「人に聞きづらい質問に答える」内容が多いと検索エンジンによる評価が高まって、アクセス数が増えるようです。持病への悩み、公にしたくないトラブル、専門的な疑問など、世の中には友人には聞きづらい質問がたくさんあるものです。だからまずは検索サイトで「答え」を探して、問題解決しようとする人が多くいるということなのだと思います。

検索サイトは、原則「多くの人がいいと思うサイト」を高評価します。つまり「検索サイトからの評価が高い=ネット上で口コミで伝わりやすい」ということ。評価の高いコンテンツを増やすことで、上記についても効果が期待できるのです。

そうそう。先月号の『すまちん』が手元にないので、今回の話が理解しづらかったとお困りの方に朗報です!今月号からはスマホでも見られる『すまちん』E-BOOKが始まります。お手持ちの端末で『ゴビ通』の最新号のみならずバックナンバーだって閲覧できるように。ちなみに、ゴビーズは『すまちん』E-BOOKのサイト構築・運用に、技術支援させていただいております。(^^)/ 私、ゴビ太郎が、青島の日本人なら誰でも知ってる『すまちん』の電子ブックサイトをご支援させていただけるなんて、うれしい限りです。

Comments are closed.