役立つ情報がわかりやすく手に入る

Vol.71 「Web」でできること

ゴビーズ通信
【海外ビジネス攻略法】

2016年1月号

あけましておめでとうございます!ゴビ太郎です。2016年も楽しい年にしていきましょう。さて、今回は「Web」を使ってできることのおさらいです。これまでWebマーケティングについていろいろと紹介してきましたが、Webで何ができるのかという全体像が把握できず、部分部分だけを理解している方が結構多いのではと感じたからです。全体を知った上で部分部分も知ることが、理解をグッと深めるコツです。

まずは、「Web」という言葉の定義です。ゴビーズ的に端的に定義するなら、「Web」とは「インターネットにつながるすべてのもの」です。大雑把かもしれませんが、間違ってはいないはずです。ホームページをはじめ、SNSツール、ブログ、メール、スマホアプリ、Googleなどの検索エンジン……これらすべてを「Web」という大きなくくりに含めることができます。つまり、これらの道具を使ってできることを整理、理解したうえでマーケティングに役立てればよいのです。 「Web」でできることは以下の4つだと思います。

「情報発信」……ホームページ、 SNS、メールなどを使って情報を発信します。ほぼ無限に情報を発信(掲載)できる、音声や映像などマルチメディアを使用できる、変更や更新が容易であるなどが特徴です。
「行動を促す」……商品の購入や、 メールや電話での問い合わせなど、情報を受信した人の行動を促します。イベントなどへの参加申し込みや、アンケート回答などもこちらに含まれます。

「情報解析」……アクセス人数やアクセスされた地域、 時間帯、曜日などの情報解析が可能です。ホームページはもちろん、SNSやメールなどでも反応を分析することはできます。

「ターゲットを絞ったアプローチ」……解析したデータを元に、 ターゲット層を決定し、アプローチします。ペーパーメディア、テレビなどと比較して、条件を絞ってのターゲット選定が可能です。例えば、「青島在住の日本人で、旅行に興味がある人」だけに情報を発信するなどのアプローチができます。

「Web」の基本を再確認したうえで、自社ビジネスに対して効果的に道具を使っていくことがWebマーケティングの基本。ゴビーズではWebマーケティングの支援を行っていますが、どの道具をどのように使うかをともに考えませんか。「やりたいことはあるけれど、どうしたらいいのかわからない」という方、ご連絡お待ちしています。

Comments are closed.