役立つ情報がわかりやすく手に入る

Vol.54 『価値観』

2013年12月24日発行

ゴビ太郎です。

先日ある方に誘われて一緒に食事してきたのですが
価値観の相違を切に感じたので、関連する思いを書いてみます。

彼は一部上場企業の役員。
ボクはしがない零細企業の(一応)役員。

歳は彼のほうが一回りくらい上です。

食事をしながらいろいろな話をしたのですが、
自然と仕事関係の話が多くなりました。

お互いの近況などを報告し合ったのですが、
肩書は似ているとはいえ、会社の規模が違うので
やっていることが全く異なっていておもしろいものでした。

彼は数百人の部下を持ち、彼らを従えながら
何十億という売上を上げる業務に関わっていて、
ボクはというと部下はなく、自分で数十万円の仕事を
どうやって取ってくるかを考えている。

彼は最近契約した数百万円の案件の報告で、
ボクはなんとか取れた数万円の案件の報告。

彼は休みの日まで仕事に追われ、
毎日プレッシャーの中での生活の様子。
ボクは部下もいないので気楽に自分のペースで仕事を行い、
休日はできるだけ休めるように調整。

こんなふうに話をしていると、
本当にお互い全く異なる環境にいるんだなということを
実感しました。

ただ、お互い共通していることは、
それぞれ自分の環境が好きで、楽しんでいるということ。

おそらく彼にしてみれば、私の仕事など
小規模案件ばかりでどうしようもなく、
自分で全部やらなければならず面倒で、
収入も少ないので、いったい何が楽しいのか、
と思っているはず。

一方ボクの方も、彼の仕事は会社にしばられて、
多くの部下の面倒も見なければならず、
休日も仕事になって、お金はたくさんもらえても
何が楽しいんだろう、と思っています。

お互いいい大人なので自分の気持ちを
何でもかんでも表に出すことはしないため
表面上は穏やかな会話だったと思いますが、
きっと自宅に帰ってから奥さんに気持ちを
報告しているんじゃないかと思います。

ボクはそう報告しました。

彼とは生き方は全く異なりますが、
別に喧嘩しあっているとか仲が悪いとか
そういう関係ではありません。

考え方が違うから会う頻度は自然と少なくなりますけど
会えばそれなりに楽しく会話します。

それで、今回、そんな食事会を通して感じたことは、
やっぱり世の中はいろんな人がいて成り立っているんだな、
ということ。

みんな同じ考えだったら面白く無いですもんね。

そして、やっぱり、自分の価値観をできるだけ早い時期に
確認できたほうが、人生を楽しめるんだろうな、
ということも感じました。

もし自分の価値観と異なる環境に身を置いてしまったら
生活はあまり楽しいものじゃないだろうからね。
以前のボクがそうだったように。

以前はボクも彼と同じような大手企業で仕事漬けの
生活をしていました。
自分の中で修行という位置づけでもあったので
その期間は頑張っていましたが、
自分で今後の人生を選択できるのであれば、
できる限りあの時のような生活は送らないように
していきたいと思っています。

ただ、難しいのは、自分の価値観は時間とともに
変更していくんですよね。

これもボク自身の経験ですが、20代の頃と、
今の30代ではやっぱり価値あるものは変わりましたね。

20代の頃は仕事中心で、彼のような生活がまったく
苦ではありませんでした。
むしろそんな生活が楽しかったですね。
自分自身成長していくのが肌で感じられたし、
成長すれば実績も出るし。

その価値観が変わったのは30代前半です。
父が亡くなったり、ボク自身が結婚したりして
生活に大きな変化があったのも影響しているんでしょうね。

そう考えるとこれからも何かの影響で、
自分の価値観が変わる可能性はあるわけですね。

また以前のボクのように、今回会った彼のように、
がむしゃらな会社人間を好むようになる可能性もあるし、
はたまた全く異なる新しい価値観に目覚める可能性もあるし。

と、まぁ、価値観について書いてきましたが、
書きながら思ったことをまとめてみると、
次のような感じかな。

1. 価値観は人それぞれ。

2. 自分の価値観を理解して、その価値観に合う
  環境で生活をした方が幸せ。

3. 価値観は時間とともに変わる。

自分の気持ちの整理を兼ねた内容ですが、
こんなことを頭に置きながら
これからも楽しく生活していきたいと思います。

Comments are closed.