役立つ情報がわかりやすく手に入る

Vol.27 ムダな電話代、支払ってませんか?

ゴビーズ通信
【海外ビジネス攻略法】
2012年4月号

ゴビ太郎です、こんにちは!2012年4月1日をもちまして、ゴビーズが青島に法人を設立して3年が経ちました。知り合いがほとんどいなかったボクたちが青島で生活し、仕事をできるようになったのも皆さまの温かく、時には厳しい支援があったからだと思っています。本当にありがとうございます。ボクたちならではの方法で恩返しをしていければと思いますので、これからもおつきあいのほど、よろしくお願いいたしますね。

さてさて、卒業式や入学式のようなカタ苦しい挨拶はこれくらいにして本題に入りましょう。ボクたちならでは恩返しとして、今回は電話代を削減する方法をお知らせします。特に国際電話代ですね。

皆さんも日本など海外と電話で連絡をとることが多いと思います。その時の国際電話代ってバカにならないですよね?コスト中、結構な割合を占める場合もあります。

そんな国際電話代ですが、現在ではITソフトを使うことによって大幅に削減できます。最も有名なのは皆さんご存知のSkype(スカイプ)です。Skype同士での通話は無料なんです。でも実は、Skypeに限らず、同じように便利な通信系ソフトがほかにもありますのでご紹介しましょう。同一ソフト同士の通話やメッセージ送信が無料という点は共通ですが、それぞれに特徴があります。サービス提供会社の情報を利用者数と合わせてご紹介します。

Skype(スカイプ)
マイクロソフト社(米国)、使用者数6.6億人(2011年9月)
世界中で利用されていて、おそらく使用者数も最多だと思います。
この種のソフトでは世界一知名度が高いので、世界中の人とつながることができます。一般電話に電話がかけられる有料版もあり、それでも通話料は格安!法人契約もできるので、使用している会社もよく見かけます。

LINE(ライン)
ネイバー社(韓国)、使用者数2000万人(2012年3月)
近頃、日本でかなり大々的に広告宣伝していますね。基本的にはスマートフォン向けのソフトとなりますが、最近パ ソコン版も公開されました。Skypeとの違いは、手持ちの携帯電話番号をIDとして使う点。これにより自分のスマートフォンに登録されている電話帳をLINEの電 話帳として利用でき、Skypeのようにいちいち相手を検索する必要がありません。またメッセージ送信も携帯電話番号を使用するため、中国の携帯番号から日本の携帯番号に無料でショートメッセージが送れたりします。

微信(ウェイシン)
テンセント社(中国)、使用者数1.8億人(2011年10月)
中国ではおなじみの「QQ」を提供しているテンセント社のサービス。
スマートフォン専用のサービスですが、中国ではすでに大ブーム!基本機能はLINEと同じですが、異なる点は音声が送れる点。要は留守電のようなものなのですが、留守電が一般的ではない中国ではこの機能がウケたようです。メッセージを送るのが面倒くさい時などには便利かもしれません。

Comments are closed.