役立つ情報がわかりやすく手に入る

Vol.26 営業マン分身の術(しかもタダ)

ゴビーズ通信
【海外ビジネス攻略法】
2012年3月号

まいど!ゴビ太郎です。需要旺盛な中国で「春に向けて営業を強化していきたいなぁ。でも営業マンを採用するとなるとコストがなぁ……」、ナーンてお考えの方に、今回はとっておきの情報をお知らせいたしましょう。営業マンを採用すると採用費やら人件費やら、いろいろコストがかかります。当然です!人を一人雇うのですから。そこで今回は人を雇うコトなく、優秀な営業マンを一人採用するのと同じくらいに効果がある営業手法を伝授します!

確実に効果があると思うんですが、青島地域で実践されている会社はあまり見たことがありません。コレはきっと早 い者勝ちです!同業他社さんに先を越される前にぜひ!— —さて、その手法とは?いたってカンタン!「お客様やこれからお客様になってくれそうな方々(見込み客)へ定期的に情報を発信する」という手法です。CS【Customer Satisfaction:顧客満足】を向上させるためには、お客様(もしくは見込み客)とのパイプをいかに強くしていくかがカギです。その際に有効なのが「定期的な情報発信」マーケティング手法でも必ず取り上げられ、日本では大小関わらず多くの企業が実施しています。さらに、そんな方法が無料で実現できたらどうでしょう?皆さんが普段から使い慣れている電子メール(以下「メール」)を使えばイイんです!手順もカンタン!以下の3ステップを実践してみて下さい。

お客様(見込み客)のメールアドレスを整理、保存する。

お客様(見込み客)が喜びそうな自社情報を文章にする。

メールアドレスに作成した文章を送付する。

……いかがですか!これを1ヵ月に1回(または四半期に1回)実施するだけで、取り引きのあるお客様とのつながりはグーンと深くなり、見込み客をお客様にする確率がグーンと高くなります。営業マンを採用して一から教育しながら販売拡大を目指すコトも大切ですが、情報発信という営業の基礎は、一度仕組みさえ作ってしまえば、その後はほとんどコストをかけずにくり返し使えちゃうんです!ぜひお試しを!……って、でも、ちょっと考えればすぐ思いつきそうな手法ですよね?なのに青島で実践されている会社は少ないんです。どうしてなんでしょう?その理由は大きく次の3つだと思います。❶メールアドレスが管理できない。❷メールの内容が考えられない。❸メールを送るのがメンドくさい。

そんな方々のために、私たちゴビーズがいるんです! 「ヤル気はあるけど忙しすぎる!(もしくはメンドくさい、手が回らない)」なんて方は、ゴビーズがお手伝いしますのでご連絡くださいネ。皆さんがお持ちの名刺からサササッとメールアドレスを整理、皆さんと相談しながらチャチャチッャと送信内容を考えて、便利なシステムを利用してバババッとメールを送っちゃいます。

ゴビーズではこれまでの約2年間、『ゴビーズニュースレター』として1ヵ月1回を目標に情報を発信してきました。効果は実証済み。だから今回胸を張ってオススメできるワケです!「どんな情報をどんな風に発信したらよいのか分からない」という方、ゴビーズのホームページにニュースレターのバックナンバーがありますので、まずはご覧になって下さい。一緒に情報発信する仲間も募集中です!

Comments are closed.