役立つ情報がわかりやすく手に入る

Archive for the 他社の事例を徹底研究 残業代の適切な算出方法(全7回) Category

#07 まとめ

#07 まとめ

残業代基数を管理することに加え、残業時間を管理することも大切な労務管理となります。無駄な残業を減らすように努力していきましょう。

続きを読む

#06 現状賃金構成の改定

#06 現状賃金構成の改定

賃金構成を変更することにより、残業基数を変更することができます。その場合は必ず工会(労働組合のような組織)の同意を得るようにしましょう。

続きを読む

#05 遡って残業代を支払う場合の対応方法

#05 遡って残業代を支払う場合の対応方法

残業代基数を是正する場合、残業代不足分を遡って支払うことが考えられます。どこまで遡ればいいのか、遡らずに基数だけ変更できるのか、解説いたします。

続きを読む

#04 適切な残業代の算出方法 | 残業代の不足払いによるリスク

#04 適切な残業代の算出方法 | 残業代の不足払いによるリスク

残業代基数を誤って計算している場合、後日社員から追加請求を受ける可能性があります。追加請求を受けた場合、法律的にほぼ100%企業側に勝ち目はありません。社員は待遇に満足している時は何も問題を起こしません。最も危ないのは社員が退職するときです。退職するときに訴えられないようにリスク管理しておきましょう。

続きを読む

#03 基礎知識:賃金構成

#03 基礎知識:賃金構成

賃金構成の整理、構成方法を解説しています。土曜出勤が一般的な勤務形態の会社で、土曜出勤分も含めて社員と給料を取り決めていたとしても、土曜日勤務分は必ず残業代として支払うようにしましょう。

続きを読む

#02 残業代算出に関する法律 | 判例 | 残業代算出に関する法律

#02 残業代算出に関する法律 | 判例 | 残業代算出に関する法律

社員から残業代不足分の追加請求を受けた会社の事例です。この会社は残業代をしっかり支払っているつもりでしたが、労働仲裁では社員の意見が支持され、会社側は社員に対し遡って残業代を支払わなければなりませんでした。なぜこのようなことが起こったのでしょうか?

続きを読む

#01 はじめに

#01 はじめに

弁護士が労務対応で相談を受ける項目は大きく8種類に分類できます。その中で残業代に関する相談は目立って多いものとなっています。基本に立ち返り残業代についてしっかり学んでおきましょう。

続きを読む